日本のイベントも対象に

ブックメーカーは世界のスポーツイベントを中心に賭けごとを行っており、
先進国の有名なスポーツというのは当然高い人気を持っています。

日本国内のユーザーでも利用しやすいように、ブックメーカーは
日本のイベントも対象としています。日本で行われているスポーツイベントで、
倍率を定めて賭けができるというのは結構いい所です。

対象となっているのは、サッカーと野球、そしてバスケットボールです。
主にサッカーを扱っており、Jリーグや日本代表の試合が中心です。

またプロ野球も対象となっており、シーズン中は色々な状況を踏まえて倍率を定めています。
バスケットボールは一部のブックメーカーのみ取り扱っており、BJリーグが対象となっています。
冬のシーズンにはバスケットボールくらいしか日本のイベントは回ってこない印象なので、
季節によっては賭けられるイベントが減っていると考えてください。

勿論ヨーロッパまで手を広げれば、もっと色々なイベントが対象となっています。
ヨーロッパは冬場でもサッカーリーグが行われていますし、
大きなイベントも多数あるので対象にしやすいと言えます。

そして倍率通りに決まる傾向があるため、
ヨーロッパの方が的中させやすいという話もよく聞かれています。
ただ国外のスポーツについてはよくわからないことが多いので、
出来れば国内のスポーツでかけられるブックメーカーを考えた方がいいでしょう。

結構対象となっているサイトは多いので見つけやすいと思います。

ブックメーカーとは?

ブックメーカーは野球やテニス、バスケットボールなどのスポーツから世界の競馬、政治まであらゆるものに賭ける事が可能なサービスです。
日本では競輪、競馬、ボートレース、オートレースといった公営競技がありますが合法的にお金を賭けることが出来ます。
サッカーではtotoやBIGがありますが、他のスポーツにお金を賭けると法律的に違法なので取締りを受けると賭博罪で捕まってしまいます。
ですがブックメーカーではお金を賭けても合法な国からライセンスを取得して運営されています。
ブックメーカーに対して日本の法律の整備も進んでおらずグレーゾーンである状態ではあります。
しかし限りなく白に近いグレーゾーンで賭博罪で捕まってしまう可能性はほとんどないです。
海外のブックメーカーをご利用して検挙された者も居ないので大丈夫です。
ブックメーカーではインターネット環境とパソコンさえあればすぐにでも参加することが出来ます。
還元率は95%以上とギャンブルの中では高いほうです。
パチンコで還元率80%くらい、日本の公営競技で75%、宝くじに至っては45%ほどしか無いです。
野球やテニス、バスケットボールなどのスポーツは強いチームが勝つことが多いです。
必ず強いチームが勝つとは限りませんが、スポーツに詳しい方なら予測しやすいのが魅力です。
ただ普通にスポーツを観戦するより、ブックメーカーでお金を賭けてから観戦したほうが興奮度が全然違います。
日本語対応のブックメーカーも多いので英語が不安な方でも大丈夫です。

ブックメーカーって違法じゃないの?

ブックメーカーは、イギリス発祥で国で認可されていて、厳しい基準を満たすことで運営されています。
日本では、賭博は違法とされているためブックマークをやりたいと思っても、国内では認められていません。万が一違反した場合には、重い罪となります。

海外で行われているブックマークは、認可されているため合法であり何の疑いも無く、国民が楽しんでいます。

海外のブックメーカーでの賭けを行う事は、違法ではないとされています。現時点での事ですが、日本で海外の賭博を罰する法律は存在していない事や、オンラインでの取引を規制していない事が理由にあります。

ただし、グレーではあります。現時点では、グレーであり今後の法律改正次第では、違法性を問われることもあるので注意は必要です。

ただし、インターネットが普及し尚且つ、海外のオンラインサービスは無数と存在していて、様々なギャンブルを既に利用している日本人も多く存在しています。

エンターテインメント性が高いものが多く、世界各国の会社によって運営されています。世界規模、世界基準で運営されている点では、安全性は保たれていますから個人で楽しむ方が増えても不思議ではありません。

その数は、日本国内でも数十万人にも及んでいる事から、自宅で個人で楽しむ分には今すぐに罰せられるという事はほぼないと思われます。

ブックメーカーの存在は、日本ではこのような立ち位置にあるという事を認識し、正しい知識を持っておくことが大切です。